no-image

自分にあった治療法で花粉症を治療する:抗ヒスタミン薬

花粉症には抗ヒスタミン薬が効く

花粉症などのアレルギー性疾患には抗ヒスタミン薬が効きます。

花粉症や蕁麻疹などのアレルギー性疾患には、ヒスタミンという体内物質が深く関与しています。抗原の刺激でアレルギー反応が起きると、免疫系の細胞からヒスタミンが放出され、神経受容体と結合し、さまざまなアレルギー症状を起こすのです。そのため、このヒスタミンを抑制することで、アレルギー症状を軽減することができます。

抗ヒスタミン薬として有名なのは、クラリチンです。クラリチンの主成分「ロラタジン」には、ヒスタミンの働きを押さえ、アレルギー症状を緩和させる効果があります。

また、ロラジタンは、脂溶性が低いので脳に入りにくく、眠気の副作用を起こしにくいです。

クラリチンは、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などの余分な作用が少ないです。これにより、従来のヒスタミン薬にあった口の渇きや排尿障害などの副作用を引き起こしません。

クラリチンはさまざまなアレルギー性疾患に効果が高く副作用が少ない

クラリチンは、アレルギー性疾患に効果の高い抗ヒスタミン薬です。副作用も少なく、即効性もあります。

クラリチンは、主に花粉症やアレルギー性疾患の治療で使用される抗ヒスタミン薬です。抗アレルギー作用が強く、さまざまな疾患に有効です。花粉症・アレルギー性鼻炎以外にも、蕁麻疹や皮膚疾患の症状を緩和する効果もあります。

特に、鼻水やくしゃみに対して効き目が強く、鼻づまりや目の痒みにも効果が期待できます。アトピー性皮膚炎でも、痒みを軽減する為に処方されることが多いです。

小児への用法・用量も設定されており、小児を対象としたドライシロップ製剤も販売されています。

抗アレルギー薬には服用後に眠くなるものが多いですが、クラリチンは、眠気の副作用が少ないです。そのため、車の運転や機械の操作等の作業に関する使用上の注意がありません。

また、クラリチンは、即効性・持続性も高いです。服用後30分ほどで効果が現れます。また、持続時間も長いため、1日1回の服用で済みます。

このようにクラリチンは、アレルギー症状に対する効き目が長く続き、飲んでも眠くなりにくいので、「症状を抑えたいけど眠くなるのは困る」という人に適しています。