勃起不全の軽度な症状、重度な症状

男性の場合どんな人でもたまに勃起できないことがありますが、勃起できない状態が持続する場合は勃起不全である可能性があります。勃起不全と言っても性欲が無くなるわけではありませんが、勃起不全が続いて自信がなくなり性欲が低下するということはあるようです。

勃起不全の症状

勃起不全の軽度な症状の場合は、たまに完全に勃起することがあります。しかし、挿入できるほど勃起することは難しい状態で、全く勃起しなくなることもあります。

勃起不全の重度な症状の場合は、勃起すること自体がまれです。

勃起不全になってしまうとSEXができなくなります。これは、勃起した陰茎が挿入をするために必要な硬さと長さになることがないからという理由と、勃起自体が持続しないという理由からです。

人によって症状は様々ですが、睡眠中や起床時に勃起しなくなったり短期間に強い勃起になることはあっても、持続しないということがあります。

勃起のための条件には、陰茎に血液が流れ込み陰茎の神経が正常に働く必要があります。

勃起不全となるいくつかの原因

勃起しない原因にもいろいろな関係があります。勃起不全には病気や生活環境などが原因の場合が多いので理解しておきましょう。

病気などでの勃起不全

勃起しない原因には、高コレステロールや動脈硬化や糖尿病や高血圧などによって動脈の血流量が減少したり、血管に影響を与える手術が原因のこともあります。

脳出血や脳卒中や脳腫瘍などの神経系の障害が原因なこともあります。

前立腺に関係のある病気や精巣の異常や泌尿器疾患や血管系などの病気から、手術によって血管や神経を傷付けたことで勃起しなくなることもあります。

陰茎の静脈に異常があり、血液の流入量が持続できないなどがあります。

年齢が関係することでの勃起不全

加齢によって性欲と一緒に勃起する力が衰えることもあります。

また、若年齢での勃起不全も増えてきているのも現状です。若年齢の場合は、慢性的なストレスや不安などの心因性な原因が多々です。

生活習慣での勃起不全

不規則な食事や睡眠不足や運動不足、喫煙やアルコールの過剰摂取や働きすぎによる疲労やホルモンの乱れなどの生活習慣が原因の時もあります。
こういった場合にはまず規則正しい生活を送り、喫煙やアルコールはすぐにやめる事は難しいので、量を検討する方がいいでしょう。

医師に診察してもらい相談

不安になったり思い当たることがあれば、早めに医師に相談するのが賢明です。薬を使った治療では、医師に相談して処方してもらうのが良いでしょう。

持病や他にも服用している薬などについても、隠さずに伝えることが大切です。これは、一緒に服用すると危険な薬もあるためです。

また、薬を服用して治療している場合は恥ずかしがらずにパートナーに伝えておくことが大切です。これは、救急車を呼ぶことになった場合に服用している薬について救急隊員に伝えることで、迅速で的確な救急措置をしてもらえることに繋がるからです。