no-image

花粉症の治療薬クラリチンのジェネリック

花粉症の治療薬「クラリチン」にはジェネリック医薬品がある

クラリチンは、クラリチンは花粉症の症状を改善するほか、アレルギー性疾患に効果があります。価格が高いため、海外のジェネリック医薬品が人気を集めているのです。

クラリチンは、医療用成分ロラタジンを主成分としており、アレルギー性疾患に効果があります。主に、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹・皮膚炎等のかゆみを伴う皮膚疾患に効果を発揮するのです。

クラリチンは、第2世代抗ヒスタミン薬に分類され、第1世代抗ヒスタミン薬に比べ脂溶性が低いとされています。そのため、脂肪の多い脳にヒスタミンが入りにくく、眠気も起きにくいです。車の運転や機械の操作にも制限がなく、仕事のある日も使用しやすいと言えます。

服用方法は1日1回、1錠を食後に飲みます。毎日同じ時間に飲んでください。

クラリチンにはジェネリック医薬品として、「ロラタジン錠」があります。ロラタジン錠は、クラリチンと成分や効果が同じで、かつ価格が安いです。しかし、日本での市販薬ではなく、病院処方薬なので、気軽に購入できません。

そのため、海外のジェネリック医薬品が人気を集めています。市販薬としては、2017年に「クラリチンEX」が発売されていますが、1箱7錠入りで1,500円と高価であるため、気軽に購入できません。

クラリチンのジェネリック医薬品は安価で大量購入できる

クラリチンのジェネリック医薬品は、海外の通販サイトで、安価に大量購入できます。そのため、常備薬にも向いているのです。

クラリチンのジェネリック医薬品は、海外の医薬品やサプリメントを扱う個人輸入代行サイトから購入できます。

クラリチンのジェネリック医薬品は、タイ製のロリータとハロジン、そして香港製のロラトンです。ハロジンは取扱いのないところが多いため、ロリータかロラトンのどちらかを選びます。

価格の相場は、ロリータが1箱100錠入りで2,000円前後です。一方、ロラトンは1箱1000錠入りで1万円前後となっています。ロリータが安価で購入できるため、人気が高いです。

クラリチンの主成分「ロラタジン」は、アレルギー症状が発症した後すぐ服用することで、その原因となるヒスタミンの放出を抑えます。

ロラタジン成分の医薬品を早めに服用することで、効果を得られやすいので、常備しておくと心強いです。クラリチンのジェネリック医薬品は、安価で量も多いため、常備薬にも向いています。