no-image

勃起不全の診療科目は?どんな治療をするの?

男性にとってプライドを著しく傷つける疾患となるのが勃起不全ですが、その治療は基本的にかなり時間がかかるものとなっています。これは治療そのものに時間がかかるということも理由になっていますが、何よりもいざ自分の身に起きたとしてもどの病院に行けばよいのかわからない、どう話せばよいのかわからないと言ったことが理由になっている部分が大きいです。

ですが逆に言えば動き出しさえ早ければそれだけ早く完治が見込めるということになります。「怪しいな」と思ったときにすぐ専門医を受診できるようにしておけば良いということにもなります。

勃起不全には泌尿器科や専門のクリニック

ではまず勃起不全が発生してしまった場合にはどの病院に行けば良いのかというと、これはやはり泌尿器科、できれば専門クリニックがベストということになります。特に現在では日本の各地に勃起不全を専門的に取り扱うクリニックが増えてきており、そこでは診察から治療までさまざまなノウハウが揃っています。

安心して受診をすることができるでしょう。

病院やクリニックでの勃起不全の治療内容

それでは続いて病院やクリニックではどういった診断や治療が行われるのかですが、まず診断については問診と、血液検査などがあります。

問診の際にはこれまでのSEXでどれくらい満足できないことがあったか、勃起不全としては実際にどういったことが自覚できたかと言ったことなどが尋ねられることになります。

血液検査では高血圧などのリスク要因が無いかどうかを見ていきます。

特にこれらの診察内容のうち血液検査は重要で、高血圧や糖尿病など、合併症として勃起を妨げるようなものがあった場合にはまずそちらの治療を行っていかなくてはならないとして判断が下されることになるでしょう。どちらも致死率の高い合併症を引き起こす恐ろしい病ですから、早めに発見できればそれに越したことはありません。

それぞれの個人に合った治療内容を選ぶ

高血圧や糖尿病などの肉体的問題があるとされた場合には生活改善指導です。精神的な問題があるのであればカウンセリングや抗うつ薬などの投薬治療を主軸としていきます。

あとは必要に応じて勃起を助ける薬を飲んでいくことになります。根気強く医師とコミュニケーションを取りつつ治療に取り組み、完治を目指すわけです。

ただ少々注意をしたいのは、勃起不全はほとんどの場合健康保険が不適用とされるところでしょう。そのため費用が高くつくこともあるのですが、生活の質を上げるためには重要なことですからまずは専門クリニックを受診してみましょう。