未分類

no image

自分にあった治療法で花粉症を治療する:抗ヒスタミン薬

花粉症には抗ヒスタミン薬が効く花粉症などのアレルギー性疾患には抗ヒスタミン薬が効きます。花粉症や蕁麻疹などのアレルギー性疾患には、ヒスタミンという体内物質が深く関与しています。抗原の刺激でアレルギー反応が起きると、免疫系の細胞からヒスタミンが放出され、神経受容体と結合し、さまざまなアレルギー症状を起こすのです。そのため、このヒスタミンを抑制することで、アレルギー症状を軽減する

no image

花粉症の治療薬クラリチンのジェネリック

花粉症の治療薬「クラリチン」にはジェネリック医薬品があるクラリチンは、クラリチンは花粉症の症状を改善するほか、アレルギー性疾患に効果があります。価格が高いため、海外のジェネリック医薬品が人気を集めているのです。クラリチンは、医療用成分ロラタジンを主成分としており、アレルギー性疾患に効果があります。主に、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹・皮膚炎等のかゆみを伴う皮膚疾患に効果を発揮

no image

クラリチンの服用時期

花粉症が再発してもクラリチンを飲めば抑えられる花粉症が再発しても、花粉症の治療薬「クラリチン」を服用することで、症状を抑えられます。クラリチンは、ヒスタミンの作用を抑制する作用を持ち、アレルギー症状を抑えます。しかし、体質そのものまでも改善させることは出来ないので、スギ花粉の飛散時期が到来すれば鼻炎症状などは再発するのです。再発した場合、再度クラリチンを服用すれば、症状を抑え

no image

クラリチンの副作用

花粉症の治療薬「クラリチン」は副作用が少ない花粉症の治療薬「クラリチン」は、副作用が少ないです。クラリチンは、ロラタジンが主成分の第二世代抗ヒスタミン薬で、副作用が少ないと言われています。第二世代のヒスタミン薬は、受容体に対する選択性が高いことから、抗コリン作用などの症状を減らしているからです。そのため、クラリチンの副作用は眠気・倦怠感・頭痛・めまい・口の渇きなどの、軽い